WEB申し込み&カード決済キャンペーン実施中 先着300名様にQUOカードプレゼント
京都南座 吉例顔見世興行
旅行代金 大人お一人様:39,800円
出発日  2019年 12月 09日(月)
出発地 徳島 目的地 京都 旅行期間 日帰り
食事回数  朝0昼1(弁当)夜0 最少催行人員 17名 添乗員 同行します
備考

*WEB申込み&カード決済キャンペーン対象コース

※演目、出演者、等は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※お席の希望はお受けできません。



近松門左衛門作、『輝虎配膳』で幕が開きます。愛之助の輝虎に、越路を秀太郎が勤めます。お勝に雀右衛門、直江山城守には「吉例顔見世興行」初出演の隼人、その妻に壱太郎が出演。
 続いて常磐津の名作舞踊『戻駕色相肩(もどりかごいろにあいかた)』。先日、梅丸が、梅玉の養子となり中村莟玉と名を改めることが発表されました。梅玉の浪花の次郎作実は石川五右衛門、梅丸改め莟玉の禿たより、時蔵の吾妻の与四郎実は真柴久吉にてご覧に入れます。
 みどころたっぷりの時代物の名作『金閣寺』は、今回、藤十郎と成駒家一門が出演します。松永大膳を鴈治郎が、此下東吉後に真柴久吉を扇雀が、雪姫を壱太郎が、そして慶寿院尼を藤十郎が勤め、興味深い配役となっています。さらに、大膳弟鬼藤太に亀鶴、十河軍平実は佐藤正清に愛之助、狩野之介直信に芝翫が決まりました。『金閣寺』は意外にも、南座の顔見世では初めての上演となります。
 昼の部最後の演目は、義太夫狂言の名作『仮名手本忠臣蔵』から「祇園一力茶屋の場」を仁左衛門の大星由良之助で上演。寺岡平右衛門を芝翫、お軽を孝太郎が勤めます。また、大星力弥は千之助、三人侍には進之介、隼人、橋之助が配されました。『仮名手本忠臣蔵』のなかでも人気の高い七段目の上演です。

1日目

徳島駅前(06:30)=松茂(06:50)=鳴門無料駐車場(07:00)=鳴門IC=淡路SA=明石海峡大橋=京都四条南座10:00開場/10:30開演 京の年中行事「當る子歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎」 1等席(1階または2階)にて観劇  昼食:お弁当 終演後出発 16:30頃=淡路SA=鳴門IC=鳴門無料駐車場(19:20)=松茂(19:30)=徳島駅前(19:50)

※WEBカード決済は5%還元制度対象外です

※上記をクリックすると、オンライン予約へ進むことができます。 ※電話(088-625-0220)・Eメール(info@air-travel.jp)でのお問い合わせ・ご予約も可能です。※お申込後のキャンセルは、必ずお電話(088-625-0220)で営業時間内にご連絡下さい。自動取消はできません。
【利用予定バス会社】徳島バス・徳島バス阿南・徳島バス南部・徳南交通・阿波交通・阿波観光バスサービス・光ドリーム観光バス・横瀬観光・四国相互観光・海部観光のいずれか
※詳細は弊社ホームページ内「当社契約バス会社」をご覧ください

ツアーに関するお問い合わせ

CTA-IMAGE フレンドリーツアー:TEL:088-625-0220 
平日9:30-18:00(土日祝年末年始除く)
・本社:徳島市幸町1丁目47番地3 スタッフクリエイトビル2F(徳島市役所北すぐ)※月〜土9:30-18:00/日・祝休
・イオンモール徳島店:徳島市南末広町4番1号イオンモール徳島4階 ※10:00-20:00※受付は終了30分前まで