当社の新型コロナウイルス感染症対策への取り組みについて

GOTOトラベル事業支援~神々が御座す聖域~ 語り部とともに歩く「世界遺産・熊野古道」と「熊野三山詣」

GOTOトラベル事業支援~神々が御座す聖域~ 語り部とともに歩く「世界遺産・熊野古道」と「熊野三山詣」

【お支払い実額】大人1名様 22,400円~38,800円

出発日

2020/11/13(金)11/29(日)

 

期間 2 日間 目的地 和歌山
備考

【支援金の受領について】国からの支援金はお客様に対して支給されましたが、当社は、支援金をお客様に代わって受領(代理受領)致しますので、お客様は、旅行代金に対する支援額を差し引いた「お支払い実額」をお支払いいただくこととなります。なお、お取消しの際は、旅行代金を基準として所定の取消料を申し受けます。お客様は、当社による代理受領についてご了承のうえお申込みください。
【地域共通クーポン】現地で使える地域共通クーポンは額面1枚1,000円単位で発行され、おつりは出ません。9月1日以降の弊社が定める日以降に、ご出発の旅行には旅行代金に応じた地域共通クーポンが付与されます。

※基本的にゆっくり歩く、初心者コースですが、場所によって急な坂や高い階段を登らないとできない場所があるので、予めご了承ください。また、バスは離れる場所に駐車または回送します。
服装について
アンダーウェア:吸汗速乾性に優れたものを選びましょう。帽子や手袋も忘れずに。サングラスもあればGOOD。
靴:トレッキングシューズやスニーカー、運動靴など。 サンダルやハイヒールでは参加できません。
その他の持ち物
水筒、リュックサック、タオル、雨具、日焼け止め、ちょっとしたおやつ、必要に応じてストックなど。

熊野古道イメージ
熊野古道イメージ熊野本宮大社イメージ
熊野古道紅葉イメージ
神倉神社イメージ那智大社イメージ
南海フェリーあいイメージかつうら御苑お部屋イメージ

・語り部の案内で紅葉の熊野三山めぐり。
2004年「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録された熊野古道は、熊野速玉社、熊野本宮大社、そして熊野那智大社を詣でる道です。
熊野速玉大社は“新宮(にいみや)”とも呼ばれ、その元宮となる神倉神社は、熊野三山に祀られる熊野権現が降臨した聖地と伝えられています。熊野三山はそれぞれの主祭神を相互に祀ることで連帯関係を結んでいます。

・熊野古道
平安時代から鎌倉時代にかけて、上皇・貴族たちが熊野三山を目指した「熊野御幸」では公式参詣道として使われました。道中には九十九王子と呼ばれる神社があり、古の人たちはそこで休憩したり歌詠みを行ったりしたそうです。

・昼食は一日目とれとれ市場で四季彩御膳、二日目はわたらせ温泉ホテルで牛しゃぶ定食をお召し上がりください。

・宿泊は世界遺産那智の山々と太平洋を一望できる「かつうら御苑」にて御宿泊。

・往路は2019新造船南海フェリー「あい」利用で紀伊水道島々の景色を満喫!

 
1日目 鳴門無料駐車場(7:00)=松茂とくとくターミナル(7:10)=徳島駅前(7:30)=)徳島港 🚢 和歌山港(8:00-10:10)=とれとれ市場(11:30/12:30)=
大門坂・・・那智大社・・・那智の滝ウォーキング(14:30/16:30)=かつうら御苑ホテル(17:00)
2日目 ホテル(8:00)=熊野速玉大社=神倉神社参拝(8:30/10:30)=わたらせ温泉ホテル昼食
(11:15/12:15)=湯の峰温泉・・・熊野本宮大社ウォーキング(12:40~15:00)=鳴門無料駐車場(20:00)=松茂=(20:10)=徳島駅前(20:30)

最少催行人員: 15名  食事/朝1-昼2-夜1

※上記をクリックすると、オンライン予約へ進むことができます。 ※電話(088-625-0220)・Eメール(info@air-travel.jp)でのお問い合わせ・ご予約も可能です。※お申込後のキャンセルは、必ずお電話(088-625-0220)で営業時間内にご連絡下さい。自動取消はできません。
【利用予定バス会社】徳島バス・徳島バス南部・徳南交通・阿波交通・阿波観光バスサービス・光ドリーム観光バス・横瀬観光・四国相互観光・海部観光のいずれか
※詳細は弊社ホームページ内「当社契約バス会社」をご覧ください